玉名市の坂本産婦人科は最新の4Dエコーを導入しています

最新の4Dエコー装置を導入

4Dエコーとは、超音波でお腹の中で動いている赤ちゃんを立体的に動画撮影する装置です。

2Dは平面、3Dは立体。4Dは3Dに時間の要素が加わったものです。
4Dエコーを使えば、お腹の中の赤ちゃんの様子を、わかりやすく視覚化できます。

動画を見ると、赤ちゃんが育っている様子を更に実感できます。

撮影した動画は、スマートフォンや携帯やパソコンで閲覧可能です。

ご希望の方は、診察時にお申し出ください。
尚、このシステムには、患者様ご自身専用のカードが必要です。その料金は1枚1,500円です


4Dエコー撮影外来の留意点

一般の診療時間内でもエコー撮影は可能です。

しかし、時間がかかりますので長時間お待ちいただくこともあります。

午後の予約外来に来院していただければ待ち時間を極力押さえて受診していただけます。

羊水が多い時期のほうが見やすいので、16週から32週頃までの撮影が適切です。

また、胎児の位置等によっては撮影できないこともありえます。ご了承ください。

 



Copy Protected by Chetans WP-Copyprotect.