お産前の検査

 

妊娠初期の検査

妊娠初期段階はいろいろな検査が必要です。

各種検査は妊婦外来時に適宜行っていきます。

具体的な内容についてのご質問は電話にてお問い合わせください。


貧血の有無についての検査

貧血とは赤血球や血色素の 量が少ない状態を言います。

ママにも胎児 の成長へも非常に大きな影響を及ぼします。

白血球数・赤血球数・血色素量・ヘマトクリット値を検査します。

ヘマトクリット値とは 血液中での赤血球の容積のことです。


出血に備える検査

血小板数を検査します。

血小板は出血した際の止血に関して大きな役割を担っています。

血小板が減少すれば、出血しやすくなり血は止まり難くなります。

止血し難い体質の場合は特別な処置が必要になる場合もあります。

その確認のための検査です

 


血液型検査

ABO式とRh式の検査を行います。

母と子の血液型が合わない場合を母子不適合と言います。

稀にですが、新生児黄疸や脳性小児麻痺をひきおこすことがあります。

また流産の原因になる事もあります。

特にRh(-)型のママの場合ではこの頻度が高くなってしまいます。

でも、母子不適合交換輸血や予防薬で防ぐ事ができます。


血糖検査

妊娠中毒症や糖尿病などの早期発見・予防のために血糖値を測定します。

血糖値が高すぎる場合も低すぎる場合も対処が必要になります。

必須の検査です。


HBs抗原検査

B型肝炎の検査です。

母体陽性は胎児への感染の危険があります。

でも、過度の心配は不要です。

ワクチンや薬(HBIG)により胎児への感染を予防する事ができます。


梅毒検査

妊婦が感染すると胎児にも感染してしまいます。

死産、流産、先天性梅毒、発育不良の原因になります。

でも、感染を早期に発見し治療すれば治る可能性が極めて高いです。


HIV検査

エイズ原因ウイルスの検査です。

エイズウイルスは性行為や輸血などから感染するだけでなく、胎盤や産道・母乳から

 

母子感染することもあります。

赤ちゃんの為にも可能な限り早期発見と治療がとても大切です。

当院では御希望される方のみ検査を行っています。

 



Copy Protected by Chetans WP-Copyprotect.