更年期障害

更年期障害について

更年期障害が気になるというご相談が、当院を受診される患者様からも増えています。

更年期の定義
女性のライフサイクルは、思春期・性成熟期・更年期・老年期に分類されます。
これらのライフサイクルは、エストロゲンと深く関係しています。
エストロゲンは一般に女性ホルモン、あるいは卵胞ホルモンと呼ばれています。
エストロゲン分泌が増加する思春期は、体型が女性らしくなるとともに月経が発生する時期です。
この時期のエストロゲン分泌は、まだ不安定。
分泌が安定すると、妊娠・出産に適した性成熟期になります。
性成熟期と老年期をつなぐ梯子の時期が更年期です。
閉経前後の約10年間程度が更年期と言われています。
個人差はありますが、45歳から55歳くらいでしょうか。
更年期には、エストロゲン分泌が急激に減少し、身体的な変化を自覚するようになります。

更年期障害のサインとなる症状
閉経が近くなると卵細胞が年をとって変化してしまい、下垂体からの性腺刺激ホルモンに対応しなくなってしまいます。
そのため、刺激ホルモンの値がさらに上昇してしまいます。
でも卵胞はそれに応えて成熟することができないため、そこでもエストロゲンが産生されません。
この急激な変化によっていろいろな症状が出てきます。
例えば、月経不順・のぼせ・ほてり・発汗・疲労感・不眠・不安・憂うつ 等の症状がみられるようになります。
これらは更年期障害の主な症状ですが、症状の種類や強さには個人差があります。
主因はエストロゲン分泌の急激な低下ですが、生活環境の変化が関係しているケースもあります。
エストロゲン分泌の低下状態が続くと、膣や膀胱の粘膜が変化し、膣炎・性交痛・尿失禁などが起こります。さらに低下状態が長期間続くと、動脈硬化・心筋梗塞・骨粗鬆症・認知症などの可能性が出てきます。

更年期障害の治療法
更年期障害の対処法には様々なものがあります。
医師に相談して、あなたに適した方法で対処していきましょう。
更年期障害の治療法には、症状にあわせて以下のようなものがあります。
 ○薬物療法
    症状にあわせて自律神経調整薬・抗うつ薬・漢方薬などを使用します。
 ○ホルモン療法
    低下したエストロゲンを補う根本的な薬物療法です。
 ○カウンセリング療法
    医療面接により、悩みやストレスを取り除きやすくしていきます。
気分転換を図ってリラックスすることも、更年期障害の症状軽減に役立ちます。
趣味の時間を持ったりしてはどうでしょうか。
それから、定期的な運動とバランスのよい食事も心がけてください。
脂質異常症・動脈硬化・骨粗鬆症などの予防にもなります。

ホルモン療法の方法
更年期障害のホルモン療法は低下した女性ホルモンを補うことで症状を改善する治療法です。
ホルモン療法に使用されるエストロゲンには、飲み薬・貼り薬・塗り薬などがあります。

子宮がある人の方法としては、エストロゲンと一緒に黄体ホルモンを使用するのが一般的です。
黄体ホルモンを使うことで子宮体がんの発症を防止できます。
黄体ホルモンの使用方法には、エストロゲンと一緒に連続して使用する方法と一定期間だけ使用する方法があります。
子宮を摘出した人はエストロゲンのみを使用します。
最近では、エストロゲンと黄体ホルモンの両方を含む貼り薬も登場しています。
ホルモン療法は、通称HTと呼ばれています。
Hormon Therapyの略称です。

ホルモン療法のメリットとデメリット
ホルモン療法は充実した更年期を過ごし、老年期に備えるのに有効な手段の一つです。
メリット・デメリットも知っておきましょう。
メリット
○のぼせ・ほてり・発汗といた更年期障害でよくみられる症状に対して有効
○膣炎や性交痛などを改善します。また、皮膚に弾力が戻り、若々しい肌になります。
○骨量の減少が抑制されることで骨粗鬆症になりにくくなります。骨折も少なくなります。
デメリット
●主な副作用
子宮からの不規則な出血・乳房の張りや痛み・飲み薬による吐き気・貼り薬による皮膚のかぶれなどが起こる可能性があります。これらはホルモン療法初期によくみられますが、継続していくうちに消失するものもあります。
●乳がんのリスク
ホルモン療法を長期間行うと乳がんのリスクが高まりますが、5年未満だと乳がんの発生率に影響しないという報告もあります。また、療法中止後は乳がんのリスクはなくなるともいわれています。
ちなみに、乳がんは定期的な乳房検査により早期発見も可能です。
尚、エストロゲンと黄体ホルモンを一緒に使用すれば子宮体がん発症の可能性はとても低いようです。

 


Copy Protected by Chetans WP-Copyprotect.